横浜パーソナルカラー垢抜け

50代女性が似合う色を服に取り入れて一気に垢ぬける方法

40代、50代と年齢を重ねると、
「流行の服を追っているだけでは垢ぬけない」
「若い頃はだいたいのものが着こなせたのに、どうにもパッとしなくなった」
「何を着ればよいかわからない」
と、悩まれる方が多くなるように感じます。

そこで今回は、例えもともとの服のセンスがなくたって、それ程たくさんの服を持っていなくたって、アラフィフが一気に垢抜けコーディネイトをができる方法をお伝えしてします!

 

①色を混在させない

おなじ色の濃淡で揃えてしまう。
イエローベースの方でしたら、『ブラウン~ベージュ~オフホワイト』などの同系色でまとめてしまうと、簡単に垢抜けますよ!
ブルーベースの方には、『チャコールグレー~アイスグレー~ピュアホワイト』などがおススメです!

 

ネイビー系の濃淡で決める。
これはアンダートーンにかかわらず、爽やかな印象になるコーディネイトです。
万人向きなのですが、ご自分のアンダートーン(イエローベース・ブルーベース)がわかっていると、微妙な紺の色の差も選べるようになります。
そう!同じ紺色でもブルーでも、イエローベースの人が似合う紺。ブルーベースの人が似合う紺ってあるのです!とても興味深いと思いませんか?

 

②同じ色、それもベーシックカラーでまとめてしまう。

単色コーデですね。こちらの方が①の同系色コーデより簡単かもしれません。
徹底的に色を統一してしまいます。ワンピースやスーツで上下同じにして、組み合わせの迷いを払拭!
差し色って結構難しいものですから、1色でまとめるとちぐはぐなコーディネイトにならずにすみます。

 

③小物には別の色を入れる

 

でも↑②のような1色のコーディネイトでは、メリハリがなくてつまらない。もう少しオシャレにしたい…と思った時は、小物に別の色を入れます。それも1色だけ!たとえばバッグと靴はおなじ色にします。

こちらは2色コーデ♪
その色をベーシックカラーにすると、より失敗なく垢ぬけます。この写真ですと白+黒ですね。

 

 

④色+色の場合

「色っ!」って感じの主張のある色を着る時は、合わせるもう一方の色は白系にしてしまう。

黒やネイビーも合わせやすい基本色ではありますが、あえての白!

白って
☑汚れが目立つ
☑太って見える
☑浮いてしまう

と、アラフィフには敬遠されがちですが、だからこそあえての白です。多くの人が避けるからこそ、その部分を攻める事で垢抜けるのです。誰でも彼でも着ている色では垢抜けができません。
それに白はレフ版効果があるのも魅力です。

さて、ここまで中年女性の「垢抜けの秘儀(笑)」をお伝えしましたが、お気づきの方も多いと思います。

「やっぱり、自分のパーソナルカラーがわかってこその垢抜けだわ!」

そうなんです。
自分の似合う色がわからなかったら垢ぬけない。
自分の似合う色だけわかっても垢ぬけない。
基本のベーシックカラーもわからなければ垢ぬけない。
基本のベーシックカラーだって何でも良いってもんじゃない!

似合うベーシックカラーまでわかる「MITOWAのパーソナルカラー診断」
こちらです

 

似合う色もベーシックカラーもわかるパーソナルカラー診断は
こちら

 

 

関連記事

  1. 横浜パーソナルカラー診断
  2. 横浜パーソナルカラー診断

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP