裏側から読み解くパーソナルカラー診断

市民権を得たようなパーソナルカラー診断ではあるけれど


みなさんは雑誌やインターネットでパーソナルカラーの自己診断をしたことがありますか?毎回結果が違ったり、当てはまるようなでも違うような…曖昧のままだったり。難しいですね。

そもそも皆さんの持っている「パーソナルカラー診断」のイメージってどんなものでしょうか?

「沢山の色の布を胸元に当てて行くあれでしょ?似合う色がわかるのよね。。。」そんな感じに思っている方が多いかもしれません。

それは当たらずとも遠からず…それでは「似合う色が分かる」の「色」って何でしょうか?

 

「色」と言う言葉がさすものは?


私達が普段使う「色」と言う言葉。これを厳密に言えば「色相」という言葉になります。いわゆる「赤・青・黄」やそれらを混ぜて出来る「紫・緑・オレンジ…」など。色は太陽の光の届く地球上に無限に存在します。

パーソナルカラー診断は、その中のどの色が自分に似合うのかを知る…のではないのですね。無限の色の中から似合う色を探すのは至難の業。ですのでパーソナルカラーの世界では「だいたいこんな色だよ」と目安になるようにグループ分けをしているのです。

けれど、お店でいざ洋服を買おうとしても「ほんとにこの色でいいの?」と疑問がわいたりしませんか?例えば同じネイビーでも黒に近いような濃紺も、青に近いような明るいネイビーも存在します。そしてよくあるのは、「店内で見た色と外で見た色が違う!思っていた色じゃない!」ということ。照明と太陽光の下では色が違ってみえたりします。

パーソナルカラー診断をする時、数多くのドレープ(色の布)を顔の近くに当てて顔色の変化を見てゆくのですが、そこからわかる事は「色」とは少し違うかもしれません

 

まずはイエローベースとブルーベース


皆さんも良く耳にすると思いますが、「イエローベース」と「ブルーベース」。この黄色みと青みが肌に与える影響を見ること。この考え方がパーソナルカラー診断の基本となる…と私は考えます。

この、黄色み・青みの観点で色をとらえると、比較的色が選びやすくなりますので、今日は少しそのお話をいたします。

 

 

 

 

クリスマスのもみの木、針葉樹は青みの緑

 

 

 

 

 

関連記事

  1. 横浜顔タイプ診断
  2. 横浜パーソナルカラー診断
  3. 横浜パーソナルカラー垢抜け
  4. 横浜パーソナルカラー診断
  5. 横浜パーソナルカラー

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP